Blogブログ

北郷モデル その12!

モデルは内装下地施工が進んできました。下の写真は2階の床下の梁と柱の接合部ですがオレンジの先貼りシートで気密は取れているにも関わらずその上にボードを貼り、更にコーキング処理をして気密処理を徹底しています。他ではここまでしているでしょうか?次の写真は床の構造用合板の上に防音用のスーパーハードボード(吉野石膏)を特殊制振材のサウンドカットと言う接着剤と併用し施工しています。これで階下への振動が軽減されていることは体感済みです。