Blogブログ

気密処理について

おはようございます 営業 狩野です

 

現在工事進行中のS様邸現場画像を使わせていただく許可を頂きましたので

 

気密処理についてブログを書いていこうと思います。

 

S様、ブログご協力誠にありがとうございます。

 

さて、一つめはパッシブ換気・レンジフードの排気管の画像になります。

 

右:レンジフード排気管(防火のためロックウール)

左:パッシブ換気排気管(グレー色の巻いているものは断熱材)

 

 

 

こちらが気密処理のコーキング施工箇所、コーキングで気密をしております。

 

 

 

こちらは小屋裏(天井の点検口から屋根裏を除いた部分)

 

電気配線や小屋梁部分にもしっかりウレタンで気密処理をしております。

 

 

ここからが私の驚いたところになります。

 

私は中途での入社になりますので、今までの建築会社や知っている建築会社で

 

ボード施工後の配線や梁回りなどまでコーキングで気密処理をする会社見たことがありませんでした。

 

(一般的には気密シートで気密は十分だと言われています)

 

このひと手間が奥野工務店の気密へのこだわりだと感動しました。

 

 

 

見せ梁となる構造梁もしっかり養生されていて

 

現場監督・大工さんの気配りがよくわかります。

 

 

 

それでは今回はこの辺で失礼いたします。