Blogブログ

53万世帯で太陽光優遇終了 19年、買い取り価格が大幅低下 (共同通信社) 2019年問題‼

こんにちは

営業 狩野です。

 

今日の共同通信社さんの記事に気になるものがありましたので、知らない方には是非‼と思い書かせていただきます。

 

 住宅用の太陽光発電を導入した家庭のうち、2019年から大手電力会社に電気を最も有利な固定価格で買い取ってもらえなくなる家庭が全体の22%に当たる53万世帯に上ることが27日、経済産業省資源エネルギー庁の調べで分かった。制度開始時に申し込んだ世帯が10年間の買い取り期限を迎えるためだ。改めて申し込めば大手電力は買い取りを続けるが、価格を大幅に下げる見通し。収入はピーク時の4分の1に落ち込むとの試算もあり、太陽光普及にブレーキとなる可能性がある。
 政府は09年11月、住宅用太陽光の余剰電力について大手電力に10年間1キロワット時48円で買い取りを義務付けた。

 

下記より個人的な検証内容・思い

 

今のところ、電力会社に買取り義務がなくなるため買い取ってもらえなくなるのではないかなど、太陽光発電の導入後10年を経過した人がどのような扱いを受けるかは不透明‼(買取しないなら○○でんとの契約やめる‼と言ったら契約してくれるのかな….そんなわけがない……なんらかの変更契約は出来るのではないかなとおもいますが…..)

 

 

では、ソーラーパネル付けているお家はどうしたらいいのか?

1.蓄電池を付け自家発電で電気をまかなう‼(蓄電池・施工費 1○○万~2○○万(

○○に数字が入りますよ‼100万からでは無理ですよ‼メーカーにより差がありますので)

※住宅ローン払ってるのに、蓄電池のためにまたローン追加するのか(泣)車だってそろそろ買換えようと思っていたのに…….(なんて悲しい気持ちに)

 

2.売電契約を結びなおす(契約結びなおせるのか?国の方針で売電買取がはじまったのだから結びなおす契約があるとは思うが…….平成30年現在 1KW/26円~28円 これより安い契約になるのか……..(泣)

 

などなど他にもいろいろなことが考えられます。

 

 

積雪のあるこの北海道‼

発電量は半年しか見込めないと言われている北海道‼

積雪荷重+ソーラーパネル荷重が少なくとも4カ月も載っている屋根は大丈夫なのか?

(建築基準法上積雪荷重は考慮した設計ですがソーラーパネル+積雪荷重なんてのはありません。

昨今の異常気象による雪害があった場合どうなるのだろうか⁈)

 

などなど

 

先ほどからなどなど繰り返しておりますが、本当に色々なことが考えられます。

 

私、自邸を2年前に建てました‼それもオール電化住宅です(嫁にはオール電化って(怒)と言われながら建てました)

が高気密・高断熱仕様で建てることにより光熱費はぐっと抑えることが出来るのです(札幌版次世代省エネルギー住宅:スタンダードレベル仕様)

 

そうです‼高気密・高断熱の施工知識・施工技術のある建築会社にお家をたててもらえば

ランニングコストは必ず安くなるのです‼

 

札幌には高気密・高断熱にこだわり、お家を建てている工務店さんはいくつかあります。

奥野工務店もその中の一社です。弊社こだわりのソトダン21・パッシブ工法をたくさんの方に知っていただけたら嬉しいです。是非、モデルにご来場いただきお話を聞いていただければと思いますので

皆さんのご来場お待ちしております。