Blogブログ

北郷モデル その9-2

続きになりますが、構造用合板が貼られはじめました。 2×4工法では当たり前に貼っているこの合板が在来工法でも 常識になってきました。すじかい材(斜め材)との併用で壁の強度が増すのです。この合板は接着層を持っているため、ホルムアルデヒドは含まれますが安定して留まるよう作られているので健康被害までには及びません。反面その接着剤の関係で防腐、防蟻作用があるとも言われています。