オクノノヒト

「家族の幸せづくりを目指す企業」を理念に、奥野工務店はこれまでも数多くの住宅を手がけてきました。地域に根ざして45年以上。創業者であり、試行錯誤しながら同社の家づくりを支えてきた社長の素顔を少しのぞいてみましょう。

report by Replan

中学校時代からの友人たちと楽しい休日を過ごす奥野社長

のし板の置かれたダイニングテーブル上に並ぶ、めん棒やそば切包丁。リビングのローテーブルには、いなり寿司や唐揚げ、おつまみ、ビールなどが次々に置かれ、宴の準備が進んでいます。晴れた冬の日曜日、奥野工務店の社長宅はとても賑わっていました。

「今日は年に一度の恒例行事、そば打ち会なんだよ」と奥野社長。エプロン姿でキッチンとリビングを忙しそうに往来し、その後ろを愛犬のこはるちゃんがついてまわっています。

  • そば打ち三段の資格をもつ友人に手ほどきを受けながら、そば打ちに奮闘
  • ロングコートチワワの愛犬こはるちゃんが、賑やかな様子を見守る

奥野家に集まったのは、なんと中学時代のバレー部仲間。「私たちの中学は毎年優勝するほどの強豪校で、部員も60人以上いたんです。今日我が家に集まっているメンバーは、その中から選ばれしレギュラーなんですよ」と、胸を張る奥野社長の言葉に、仲間たちが楽しそうに笑います。

中学時代は何をするのも一緒だったという皆さんでしたが、卒業後は疎遠に。再会したのは10年ほど前に開かれた中学の同期会で、それ以来、そば打ち会をはじめ、年に2回から3回はこうして集まり、互いの近況や思い出話に花を咲かせています。

奥野社長は「そば打ち会は年に1回だから、やり方を忘れちゃう」と笑いながらも丁寧に包丁を動かす

そば打ち会を主導するのは、アマチュアを対象にしたそば打ち資格制度で三段を取得したお仲間の一人。水回し、練り、切り、と一連の流れの手本をみせた後、メンバーそれぞれが実践に挑みます。「1年に1回だから忘れちゃうんだよ」と言いながらも、皆さんとても楽しそうです。

  • 中学校のバレー部仲間の4人はみんな、毎年優勝するほどの強豪校でレギュラーだった
  • 思い出話に花を咲かせ、そば打ちをしながら昼間から飲むビールの味は格別

打ちたて、茹でたてで、お店で出されるような艷やかで味わい深い更科そばに舌鼓。冗談を言い合いながら、笑い声の絶えない穏やかな時間が流れる

「理解しやすいよう丁寧に説明してくれる」「豊富な知識と経験から、色々な選択肢を提案してくれる」「何でも相談しやすい」とお施主さんからの信頼も厚い奥野社長。その素顔もまた、古くからの仲間に囲まれて冗談を言いながら笑顔で休日を楽しむ、親しみやすくておおらかな好人物でした。

お問い合わせお問い合わせContactお問い合わせ