Blogブログ

ママさんアンバサダー本庄が取材に伺いました!vol.1

皆さんこんにちは!

突然の登場となりました。

この度、「ママさんアンバサダー」として様々な住宅情報、札幌の面白情報を提供させていただきます、

本庄ちひろ

と申します☆

現在は1歳の男の子の母として育児奮闘中ですが、元々住宅業界に片足突っ込んでいた(?)経験を活かし、今回奥野工務店様にお話を伺いに参りました。

何回かに分けてその様子をレポートできればと思います!

 

 

まずは奥野工務店といえばの、奥野社長のご紹介です。

 

本庄 よろしくお願いします!奥野社長、お休みほとんどないとは思いますが、お休みの日ってなにをされてるんですか?

奥野社長 温泉巡りが好きかな~。三笠の太古の湯、ユンニの湯、近場なら小金湯温泉に豊平峡温泉あたりがいいね。

本庄 温泉いいですね~。小金湯私も好きです!社長は岩内ご出身なんですよね?

奥野社長 そうそう。2歳までで、あとは札幌にいるよ。

 

 

本庄 少し真面目な話になりますが、先日大きな地震がありました。

これからの家づくりに必要なことってなんでしょう?

奥野社長 うん。今回で思ったのは、「今の家は震度7に耐えられる」ってことだったね。

本庄 耐えられるんですね?

奥野社長 それは家の構造だけの話ではなくて、しっかりと地面に杭を打って家を建てているか、

地盤、基礎の大切さにもつながる。今もそうしているし、これからもそれこそが大切だと思うよ。

本庄 奥野工務店さんでは年間、社長の目が届くようにあえて棟数を制限して家を建てているんですよね。1棟1棟に想いを込めているのが伝わります。

奥野社長 家はシェルター。家族を守る器でなければならない。これはずっと言っていることだし、これからもそういう家をつくっていきたいと思っているよ。

 

とてもお優しい人柄の中に熱い想いをお持ちの奥野社長、とても素敵でした!

次回は浦田専務のご紹介をさせていただきます☆