Blogブログ

北郷モデルハウスvol.2☆ママさんアンバサダー本庄

皆さん、こんにちは☆

ママさんアンバサダーの本庄です!

 

先日、ついにお酒を解禁しました。

妊娠判明から一切口にせず、2年弱。

息子の成長がうれしくもあり寂しいな~と思いつつの解禁でした。

なんて言いながら、早速の二日酔い( ^ω^)・・・

自己嫌悪でした。笑

ビールに焼酎、いつも通りの飲み方だったのに、2年ぶりのアルコールに身体もびっくりしたのでしょうか。

ほどほどに楽しんでいこうと思います!!トホホ。

 

さて、前回に続きまして、北郷にありますモデルハウスのご紹介です!

住所:札幌市白石区北郷1条6丁目3-36

気になる方は事前のお電話をお願いします。

011-861-8754

 
今回は「性能部分」のこだわりをチェック☆
 
 
突然ですが、これはなんだと思いますか?
奥野工務店さんといえば、自然の新鮮な空気を床下から取り入れ、暖めて室内を循環させ、尚且つ汚れた空気は外に排出する「パッシブ換気」。
 
そしてこれは、「パッシブ換気を更に効率的にアシストするため」の研究の実験装置なのです!
(引き渡し時には取り外すそうです)
北海道科学大学の研究の一環なのだそう。
 
 
これはフランス製の「アイレコ」というもので、湿度を感知し、自動的に換気口が開閉する装置。
汚れた空気は湿度と比例して多くなります。
これを外部にある断熱円筒を使い排出します。
 
これを利用し、状況に応じてセンサーで「逆流」させ、中に暖かい空気を入れるという熱交換をして取り込む、というシステムを、今現在研究開発中なのだそうです。
 
・・・難しいですよね?笑
きっと、「???」となった方は多いのではないでしょうか。
私もその中の一人で、浦田専務にしつこく話を聞いてしまいました。
でも、「家づくりって難しい」のが本来なのかな、と思うんです。
木を組み合わせてトンカンカン、できました!というだけの家には住めない。
特に私たち北海道に住む人々が何より重視したい「暖かい家」。
暖房があるから大丈夫、ではないんですよね。
奥野工務店さんがこだわりを持って採用しているパッシブ換気、それは暖かいだけではなくて、
「気持ちよく住める家」を目指しているからこそ。
そんな難しいことよりデザイン~!間取り~!と言わずに、
高いお金を払い、長く住む家、しっかり基礎の部分にこだわってみませんか?
 
私の拙い文章では伝えきれないボリュームが奥野工務店さんの住宅にはあります。
是非、こちらに足を運んでいただき、お話聞いてみてほしいな~と思っています!
 
とまぁ、熱く語ってしまいましたが。
実際に奥野工務店さんで建てた方の生の声を聞いてきました!
次回はそちらの取材記録を載せさせていただきますので、お楽しみに☆
 
本庄でした!
 
 
ちなみに奥野社長と狩野さんも来てくれました^^