Housing家づくり

床下から暖かいパッシブ換気

パッシブ換気

パッシブ換気

弊社では、高断熱・高気密という住宅性能を生かし、自然エネルギーを活用するパッシブ換気を取り入れた家づくりを行っています。パッシブ(受動的)換気システムは、暖かい空気は上昇するという自然の原理を利用した「計画自然換気」のことです。

家全体をひと部屋と考え、外側から断熱材・気密材によってすっぽり包み込んだうえで、地中に埋設された管を通して室内の温度差を利用して新鮮な外気を床下に給気。この新鮮な空気は、冬は地中の熱で暖められ夏は冷やされ、床下にある給気口の温度センサーで流量を制御。そして床下に設置した放熱器(暖房機)などで暖めて、壁内に設けた空気の通り道で対流させます。家中をくまなく循環した暖かくなりすぎた空気は、VOCやハウスダストと共に汚れた空気として、2階天井などに設けた排気口の湿度センサーで保湿制御され、屋外に排出されます。

このようにパッシブ換気を採用した住宅は床暖とは違い、家のどこにいても均一な暖かさと、常に新鮮できれいな空気を保ちます。さらに、無垢材をはじめとする自然素材を吟味して併用することで、赤ちゃんからお年寄りまで「安全かつ健康に暮らせる家づくり」を実践できます。

パッシブ換気の必要条件・住宅性能

パッシブ換気についてもっと見る